open fire, fire, embers

FIRE!貴方はいくら必要ですか?

こんにちはー!

先週はFIREの社会的トレンドと達成された方々の簡単な例を見ていきました。そこで今週は自分自身がFIREするための具体的な目標設定を見ていきましょう。数字に落とせたら、具体的に取らないといけない行動が見えてきますよね!

FIRE計算ツール

今日はこちらのサイトを使っていきたいと思います。皆さんも、リンクを空けておいて、一緒に自分の数字を入力していきましょう!英語ですが、解説しながらいくのでご心配なく!(ちなみに、このサイトを選んだ理由として①英語である理由は、FIREムーブメントはアメリカでは以前から人気であるため、情報量がとても豊富で色々なサイト間の比較ができる②複数のサイトを比較した中で、一番使いやすいなと思いました。他のサイトも参考に、最後にリンクをつけときます。)

まず初めに、表全体を見ていきましょう。リンクを開けると、このようなページが開くと思います。(ポップアップはcloseをクリック)

画像2

入力方法

早速入力をしていきましょう。上の列から順番に:

画像2

*金額表示は米ドルなので、簡易的に1ドル=100円で入力するか、ドル表記を無視して、千円単位で入力しても結果は一緒です!

①年齢:今の年齢を入力。投資:ここで指す「投資」とは前にお話しした余裕資産のことです(今すぐ必要ない、投資に回せる資産。現預金+株等の投資金額)。株、債券、現金:「投資」金額をどの資産に投じるかの配分率(もちろん毎年同じというわけではないかもですが、簡便的に適切な平均割合を入力しましょう)。

②手取収入:税金控除後の年額収入金額。支出:一年の支出合計(支出全て含む)。貯金:手取収入と支出が入力されたら自動差し引きされます。成長率:手取収入の平均成長率(昇格、転職による昇給を見込んだ。)。

③④その他収入・支出:②列目では考慮できない、収入・支出。例えば、XX年後、子供ができた後の支出はXX円増加する考慮、副業を5年以内に月5万円にする目標があるならこの考慮。開始・終了:その他収入・支出が発生する年齢の期間。

⑤退職後支出:リタイア時点で想定する一年の支出合計(こちらは②と同額の人もいれば、違う人もいるでしょう)。目標引出率:一般的には4%が安全な資産の引出率とされています(こちらの引出率の4%が妥当なのかはまた別の記事でじっくり取り上げたいと思います)。税率:ここでは引出すお金に対してかかる税金をさしています。例えば、上場株を4%取り崩したとすると、日本ですと株の評価益に対して20%の課税がかかります。そうすると、利回り7%の株だとしたら10年後には価値が倍になっているので、10年後に売却したらかかる税金は総資産に対して10%となりますね(1年目の資産額が50円、10年後に100円。100円の時に売却すれば、利益50円に対して20%の税金がかかるから、10円税金割ることの100円総資産額=10%)。正確な税率は計算することはできないので、コンサバに10%で良いのではと思います。

⑥計算方法:3種類から選べるのですが、簡易的にFixed Percentage(毎年固定利率で運用できると仮定した場合)でいきましょう(興味のある方は、他の二つも最後に解説をします。)。株・債券利益率:毎年、平均的に株と債券がそれぞれ何%のリターンを期待できるか。

シナリオで遊ぶ

ジャジャーン!おめでとうございます、これで完了です!皆さんどのような結果になりましたか?ぜひ、色々なシナリオで試してください。私が実験して見た内容として特に注目した項目は:

シナリオA:副業の収入のインパクト。税引後月5万円の収入を2年後から確保できれば、リタイアの年齢が2年引き下がります。

画像3

シナリオB:本業の毎年給与昇給率を1%から2%に引き上げられたらどうなるでしょう?シナリオAと同じ結果ですね。

画像4

シナリオC:リタイア後の生活費を下げる場合はどうでしょう?毎月約700ドル、生活費を下げれたら同じ結果となります。

画像5

非常に面白いですよね!もちろん、色々な仮定があって計算されたものですが、同じ2年を削るにあたり、副収入を増やす、昇給を狙う、生活費を下げるのそれぞれどのような努力が必要なのか数字で見えるの楽しいですよね。

もちろん、この計算ツールには様々なツッコミができると思います。皆さんはこう感じたかもしれません、「株価チャート見たことないの?毎年平均のリターンで回すのはありえないじゃん」とか「子供の年齢によっては毎年の支出額もかなり増減するんだけど。。」などなど。これはごもっともなご意見なのですが、こちらは悪魔でもイメージを作って、具体的なご自身のプランを作るための土台として使っていただければと思います!

まとめ

・簡便的に自分のFIREできる年齢を計算してくれるツールがたくさんあるので、活用して見ましょう!

今日使った計算ツールその他1その他2その他3

・悪魔でも、色々な仮定を踏んだ上での計算なので、これを土台にして自分の計画を立てて見てください

・色んな数字で遊んでみると、どのように最終結果に影響するのかが見えてくるので、ぜひ色々なシナリオで遊んで見てください

では、素敵な日曜をお過ごしください!

補足

他2つの計算シナリオ:
Historical cycles: 過去145年間の米株・債券のデータをもとに、統計的な想定リタイアメント期間を算出してくれる。
Monte Carlo simulation: 1000種類ものシミュレーションをした結果、統計的に悲観的と楽観的なシナリオをもとに統計的な想定リタイアメント期間を算出してくれる。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA